LISTIQ欧米輸入版 ~Amazon物販 半自動化のためのスプレッドシートアドオン

わたくしRyoku(@ryoku_dev)は有料サービスとして、欧米輸入転売をターゲットとして「Amazon物販を半自動化するためのスプレッドシートアドオン」を提供しています。このページでは機能とプランの説明、申し込み方法の案内をします。

名前は「LISTIQ(リスティック)」です。LIST In Quantityの略で、大量の商品・販売データを自在に扱うためのツールという意味を込めています。

LISTIQには他に「楽天版」「卸版」がありますが、ここでは欧米輸入版にフォーカスして解説します。他の版も含めた全体の説明はこちらから

目次

LISTIQ欧米輸入版の価値

LISTIQ欧米輸入版は、Amazonでの物販の仕事を半自動化するスプレッドシートのアドオンです。ここでの物販の仕事とは、リサーチ、仕入れ、商品登録、納品、在庫管理、価格改定、売上管理などです。

これらの仕事は一連のものとして繋がっているため、別々のツールを導入しても合間の手間は残ります。また、統合管理ツールを使ってもExcel等での管理は必要です。

  • リサーチの結果から仕入れた商品を記録するのが手間
  • 仕入れ情報(購入価格・諸費用など)を在庫管理・価格改定・売上管理に反映させるのが手間
  • 在庫を確認してリピート仕入れをするのが手間

LISTIQ欧米輸入版では、これらの仕事すべてをスムーズに繋げて最小限の手間で実行できます。LISTIQ欧米輸入版を使えば他のツールや他の管理表は必要ありません。LISTIQで完結できます。

なお、ここでの半自動化の意味は別記事で解説しています。

ユーザーのみなさんの声

LISTIQ欧米輸入版にはすでに多くのユーザーがいて、とても高い評価をいただいています。

この他にも、

  • 半分の労力で利益が倍になった
  • 人を1人雇う以上の効果がある

などの声もいただいています。皆さまいつもありがとうございます!

ツールの構成

LISTIQ欧米輸入版は、

・リサーチ
・マネジメント
・レポート

の3つのアドオンとスプレッドシートの組で構成されます。

LISTIQのスプレッドシートは列項目を自由にカスタマイズしたり、さらにはユーザー自身が用意したスプレッドシートを用いることもできます。

スプレッドシートの右側にアドオンのサイドバーが表示され、ここからデータの取得・更新を行います

以降では、3つのアドオンの特徴をそれぞれ説明します。

LISTIQリサーチ

LISTIQリサーチは利益商品のリストを作るためのアドオンです。

LISTIQリサーチには3つの特徴的な機能があります。

  1. 商品の仕入れ判断の情報が分かる
  2. 自動除外し、仕入れの可能性がある商品だけをストックできる
  3. 「今」の仕入れるべき商品を自動で抽出できる

それぞれ順に説明します。

1. 商品の仕入れ判断の情報が分かる

LISTIQリサーチのアドオンにASIN(またはJAN、UPC)をまとめて入力すると、その商品を仕入れるか判断するのに必要な情報をスプレッドシートに出力します。

仕入れ判断の情報とは「需要」「競合」「利益」の3つで、この3つが揃っている商品は「今」仕入れをすべきと判断できます。

需要

過去の月間販売個数

競合

カート価格付近のFBAセラー数

利益

各国のAmazonから仕入れ価格を取得し、利益計算

つまり、売れていて、ライバルが少なくて、利益の取れる商品かどうかが分かります

2. 自動除外し、仕入れの可能性がある商品だけをストックできる

ASIN等リストが渡されると、その中から新出の商品だけを登録します。

同じセラーの出品ASINを入力しても、前回との差分だけが登録できます

また、自動的に以下の商品を除外をします。

  • ランキングが低い
  • NGキーワード、カテゴリに該当
  • 販売価格が低い
  • 販売数が少ない

さらに、過去にもっとも売れていた価格や、過去の最安の仕入れ価格(欧米輸入版のみ)での利益が分かるので、今は仕入れ時でなくても、今後仕入れる可能性のある商品かどうかを判断できます。

3. 「今」の仕入れるべき商品を自動で抽出する

ストックした商品の情報を一斉に再取得し、今日の時点で需要、競合、利益が満たされている商品だけを抽出します。

仕入れる可能性のある商品を数千とストックできれば、新規にリサーチすることなく、日々仕入れる商品が見つかります

さらに、在庫がない商品や、あと数日で在庫切れになる商品だけを抽出できるので、同時にリピート仕入れもできます。

1ステップずつ情報の取得と絞り込みをしていき、最後に全ての条件を満たす商品が残ります
リサーチの詳細

LISTIQ欧米輸入版では、日本AmazonのASINを入力するだけで、自動的に各国のAmazonの販売価格や送料を取得し、利益計算までができます。

特に、日米欧でASINが一致していない場合でも自動的に対応する商品を取得したり、それでも見つからない場合は1クリックで検索を行うことができます。

1クリックで検索するボタン

欧米輸入版のリサーチ機能の詳しい内容については、過去に紹介した記事があるので、こちらも併せてお読みください。

LISTIQマネジメント

LISTIQマネジメントを使うと、仕入れ~転送~納品~販売までの一連の商品の動きをスプレッドシート上で全て管理することができます。

以下がLISTIQマネジメントに含まれる機能の一覧です。

  • 購入商品(購入先・価格・個数など含む)の自動記録
  • 商品ステータス(発送・到着・納品中・在庫あり/なしなど)の自動反映
  • 商品の一括出品
  • 納品プランへの一括追加・ラベルプリンター印刷
  • 在庫数の自動取得
  • 価格改定(利益率に基づく自動ストッパー、柔軟な値上げルール)
  • 転送業者(MyUSなど)への価格入力支援
  • 在庫量、仕入れ量の算出

基本的に、手動入力やデータの加工は必要ありません
自動取得やボタンクリックによって、スプレッドシート上の情報が自動的に更新されていきます

このように幅広い機能を、一箇所で、手間なく実行できることが売りのLISTIQマネジメントですが、以下では特に特徴的な機能を3つ紹介します。

仕入れ商品を自動記録

欧米Amazonのカート画面から、直接、LISTIQマネジメントのスプレッドシートに商品の購入情報(商品名、URL、日時、金額、個数、セラーなど)を追加できます。これによって記録漏れや間違いが起こりません。

ワンクリックで出品・納品プラン追加

スプレッドシート上で商品を選択してボタンを押すだけで出品、納品プラン追加ができます(1つずつでもまとめてでもOKです)。

ボタンを押すと、選択中の商品を出品

ルールに従いSKUを採番して出品登録
ボタンを押すと、選択中の商品を納品プランに追加

シートに追加したプランの番号とFC名を表示

ラベルプリンターを使えば、その商品のFBAラベルを1枚ずつ印刷することができます。これによって、ラベルシートの順序に商品を並べたり、商品を探し出したりすることなく、手元の商品を次々納品していくことができます。

また、納品代行を使っている場合、事前に送る商品リストも簡単に出力できます。

ストッパー設定いらずの自動価格改定

納品中から、自動的に適切なストッパーをかけた状態で価格改定が動きます。

LISTIQマネジメントのスプレッドシートには、各商品の仕入れ原価が入っているため、現在価格での利益率が常に分かります。このため、商品ごとの設定やデータのインポートなしに、自動的に利益率ベースでのストッパーをかけられます

赤字ストッパーを利益率0%に設定している例
(なお、ストッパーは日付とともに段階的に引き下げ可能です)

LISTIQレポート

LISTIQレポートでは売上データを自動的に取得して、スプレッドシートに計上していきます。

売上データはLISTIQマネジメント上の仕入れデータと紐づいており、仕入れ原価が分かるため、商品ごとの粗利が確認できます。

また、月ごとに売上・利益を集計し、ビジュアルに表示したり、

在庫高を含めた総資産の推移や、在庫の回転率・回収率などの在庫評価もできます。

その他、以下のような機能があります。

  • 楽天市場、Yahoo!ショッピングなど他のモールの売上・手数料データもまとめて計上
  • 在庫保管料など販売連動でない費用も全て自動取得
  • 固定費や別収入を管理し、営業利益を算出
  • 注文に対してサンクスメール送信機能
その他、欧米輸入版だけの特徴

LISTIQ欧米輸入版は、仕入先としてアメリカ・ヨーロッパAmazonの商品ページを自動的に取得します。また、他にも特徴として以下があり、必要なビジネスのステップを正確になぞることができます

  • ASIN違いの仕入先を自動取得
  • 各国のAmazonの仕入れコストを正確に計算し、最安を抽出
  • 海外Amazonのカートから仕入れ商品をシートに自動記録
  • 商品ごとに日本到着までの輸送ステータスを自動管理
  • 国際送料、関税・消費税(実費)を含め、商品ごとの原価を正確に算出

提供プラン

LISTIQ欧米輸入版はユーザーのビジネス経験・規模に合わせて、SP版・ビギナー版の2つのプランを用意しています。

SP版は「月利100万円以上を目指すユーザー」を、ビギナー版は「月利30万円を目指すユーザー」を、それぞれ対象としています。

ビギナー版は月利30万円に合わせた以下の機能制限があります。この制限以外はサポートも含めSP版と共通です。

  • リサーチシートへの登録は2000行まで(シートは1つのみ)
  • ヨーロッパAmazonからの仕入れは対象外
  • マネジメントシートへの登録は300行/月まで
SP版 ビギナー版
サポート ツール導入時のzoomコンサル(約2ヶ月)
サポートコミュニティ
人数制限 20人 30人
利用条件 月粗利30万円以上 月粗利5万円以上 または
コンサル受講済
50,000円/月 25,000円/月
人数制限あり・高額ツールの理由

LISTIQ欧米輸入版は、欧米輸入転売という元々再現性の高いビジネスをツールで定式化するため、誰もが再現可能なものになります。また、欧米輸入転売の市場は他の物販ビジネスに比べてとても小さいです。

そのため、市場の飽和や、実際に飽和しないまでも利用時の不安を軽減するために人数制限を設けています。

また、 LISTIQ欧米輸入版は欧米輸入ビジネスのあらゆる仕事を包括的にサポートします。管理表そのものでもあり、必然的に操作の自由度は高くなります。そこで次に説明する非常に密な人的サポートを提供しているため、欧米輸入版は楽天版・卸版に比べ高額な価格設定となっています。

人的サポート(導入コンサル)

欧米輸入版では「まずはリサーチの方法」、「次に転送時の操作」など、LISTIQを使った仕事の進捗に合わせながら、繰り返しzoom通話を行い、使い方をステップバイステップで身につけてもらいます(おおよそ1~2ヶ月程度の期間)。これを導入コンサルと称しています。

その後は、個別チャットもしくはサポート用のコミュニティを通して、日々発生する疑問や要望に即座に対応していきます。

LISTIQ欧米輸入版はAmazon物販を半自動化するツールと銘打っていますが、ボタン1つで画一的に動くものではなく、その半自動の状態を作るには、LISTIQの深い理解と、LISTIQと各ユーザーのこれまでの仕事の進め方や管理の方法との擦り合わせが必要になります。

そのため、LISTIQの機能説明、LISTIQを使った輸入ビジネスの進め方、ユーザーの現在の管理方法に合わせた導入の支援、機能拡張への要望対応など、いわば「ツール+コンサル」という形態のサービスを提供します

利用条件

欧米輸入版では次の利用条件を設定させていただいています。

SP版

:月粗利30万円以上

ビギナー版

:月粗利5万円以上 または コンサル受講済

コンサルは数日のスポット型ではなく、2-3ヶ月の期間のものを想定

ビギナー版の利用は、欧米輸入の基本知識と実践経験があることを前提としています。これは、導入コンサルがあくまでLISTIQ欧米輸入版を使うためのサポートであって、ビジネス自体のコンサルではないためです。

欧米輸入ビギナー版をご利用後に、SP版の利用条件を満たされた場合にアップグレードをご案内できます。SP版が定員一杯の場合、条件を達成された時点で待ちに入っていただきます。

ご利用までの流れ

フォームを送信いただき、こちらから折り返しご連絡する流れとなります。3週間の試用期間を設けていますので、お気軽にご連絡ください。

STEP
お申し込み・問い合わせ

この後にあるフォームから、プランを選択し送信してください。

STEP
状況のご連絡

空き状況とご案内予定日をご連絡します。
空きがない場合には順番待ちをいただくかお伺いいたします。

STEP
デモ

zoomを使ってツールの説明をいたします。
その後に、こちらでアカウントを作成し、インストール方法をご連絡します

STEP
試用開始

zoomによる導入コンサルをしながら試用をしていただきます。試用期間は進捗によって前後しますが2-3週間が目安です。

STEP
お申し込み

こちらから別途申し込み用のページをご案内しますので、そちらから決済情報を登録いただきます。

申し込み・問い合わせ

以下のフォームに必要事項を入力をお願いします。詳しい内容をご案内いたします。

SP版・ビギナー版ともに定員いっぱいであることも多く、すぐにご案内できない可能性があります。状況はTwitter(@ryoku_dev)でも適宜告知します。


お問い合わせの場合は不必要です。

欧米輸入版はサポートの質を確保するために同時にお受けできる人数を月3-4人までに絞らせていただきます。定員に空きがあってもお待ちいただくことがあります。

また、欧米輸入を始めたばかり、または、これから始めようとしていて、ビギナー版の利用条件に合致しない場合でも、利用条件を満たすために有用な情報や、条件達成時の優先的な案内をできますので、お気軽にお問い合わせください。

おまけ

ツールを使う前にマニュアルだけ読みたい人もいないと思いますが、「とりあえずもうもうちょっと詳しい中身が知りたい」という方は以下をご参照ください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる