販売してよい商品かきちんと確認しよう(関連リンク)

除外の最終ステップ、もしくは仕入れの直前には、販売を行う商品ページを確認して、「本当に販売してよい商品なのか」「仕入れようとしている商品と合致しているか」などを確認する必要があります。

LISTIQリサーチは、商品の販売ページなど商品に関連するページをまとめて開くことで、確認を効率的に行うことができます。

目次

関連ページの開き方

LISTIQアドオンのパネル中央のタブを「リンク」に切り替えると、関連ページを開くためのリンクやボタンが並びます。

スプレッドシート上から商品を選択(単一選択のみ)した上で、「販売先」のリンクをクリックすると、その商品の販売ページを開きます(他のリンクについても同様です)。

また、各リンクの先頭のチェックボックスをチェックして、「まとめて開く」ボタンをクリックすると、チェックしたページを同時に開くことができます。「販売先」と「出品可否確認」など、確認の際に必ず開くページにチェックをつけておき、「まとめて開く」ボタンを押せば、確認漏れが無くなります。

初めて「まとめて開く」ボタンをクリックし、同時に複数のページを開こうとすると、Chromeによってポップアップがブロックされる場合があります。この場合はアドレスバーの右端を確認してポップアップを許可してください。

続いて、安全に出品を行うために、各関連ページで確認すべき内容について述べます。

販売先

出品先のAmazonの商品ページです。ここでは主に以下の内容が購入しようとしている商品と相違がないか確認します。

  • パッケージデザイン
  • 付属品
  • 言語
  • セット個数
  • 内容量
  • カートを取っている出品者

出品者について、メーカー、代理店、権利者と思わしき出品者でないかを確認します。可能であれば、カート獲得者だけでなく出品者一覧を確認する方が望ましいです(出品者一覧は、アドオン上のリンク「全てのセラー」から開くこともできます)。

輸入の場合、まず商品ページが並行輸入品なのか正規輸入品なのかが重要になります(メーカー仕入れ以外)。その他にもPSE認証・技適マークの有無、食品衛生法、薬機法など法規制に該当しないか確認事項は多くなります。

これらの確認を効率化するために、「登録時の設定」で除外するキーワード、除外しないキーワードを設定することが有効です。さらにカスタマイズで「安全」列を用意することで、商品タイトルや説明文の中に除外しないキーワードが入っている商品=安全な商品をスプレッドシート上で判別することもできます。

除外しないキーワードに「並行輸入品」を入れたため、「安全」列に○が表示されている例

出品可否確認

リンク「出品可否確認」をクリックすると、そのASINへの出品ページを開きます。ここからこのASINが出品できるか、どのような規制がかかっているかを確認することができます。

画面右端のボタンが「この商品を出品する」となっていれば、(コンディションによっては)出品が可能です。

出品ページの右下「制限を表示」をクリックすると、そこに現在かかっている出品制限が表示されます。コンディションによって制限がかかっている場合はここで確認できます。

この場合、新品の出品に制限はありません

ボタンが「利用できません」となっていれば、どのコンディションであっても出品はできません。同じく「制限を表示」をクリックするとその詳細が分かります。

一切出品ができない商品
Amazon本体やメーカーしか出品できない商品

その他、出品許可申請が必要な商品の場合はボタンが「出品許可を申請」になります(通常同メーカーやカテゴリの商品の請求書を提出する必要がありますが、1クリックで解除できる場合も多いので一度はボタンを押して進めてみることをお勧めします)。

確認が済んだら

商品情報の確認が済んでから、リストに残すか否かを判断をします。また、仕入れ直前の場合には、確認後に仕入れを行います。

LISTIQリサーチのスプレッドシート上では、一見仕入れ判断に必要な情報が揃っているように見えますが、本当に仕入れて、販売してよい商品かどうかは商品ページ等を確認しないとわからないため、リストにストックする前、仕入れる前には必ずこの解説の手順を行うようにしてください

目次
閉じる