クイックスタート

国内の卸業者から取扱商品リスト(Excel形式、JAN・下代記載)を入手したケースを例に、LISTIQリサーチの簡単な利用の流れを説明します。

STEP
Excelからコピー
  1. 列がJAN、価格(、MOQ)の順に並ぶように、列を移動・非表示を行います
  2. LISTIQリサーチに追加する商品をコピーします(初めは1000個程度までで試してください)
STEP
テキストエリアへ貼り付け
  1. テキストエリアにまとめて貼り付けます
  2. 「登録」ボタンをクリックします
STEP
スプレッドシートに商品登録
  1. 順にスプレッドシートへ商品情報を書き込みます
  2. (初期設定では)続けて、商品の価格情報を取得します
  1. フィルタ「NEW」をクリックして、今回、登録した商品だけを表示します
STEP
Keepaグラフを目視し除外
  1. 登録された商品のKeepaグラフを確認し、明らかに販売実績がないもの(ランキンググラフの谷が少ないもの、グラフがないもの等)を選択します
  2. をクリックして選択した商品を除外します
STEP
販売数の取得
  1. 表示中の商品をまとめて選択します
  2. (情報取得)を、「販売数」のみをチェックした状態でクリックします
  3. 順に過去の販売数(直近1ヶ月、3ヶ月平均)が取得されます
STEP
販売数でフィルタして除外
  1. フィルタ「平均販売数」の上限に「この販売数未満の商品は取り扱わない」という数を指定します
  2. 「実行」をクリックすると、販売数が上限値未満の商品だけが表示されます
販売数の上限を指定
販売数が上限値未満の商品だけが表示される
  1. フィルタ表示中の商品を全て選択して、「除外」ボタンをクリックします
STEP
販売できる商品か確認
  1. 商品を一つずつ選択して、「販売先」と「出品可否確認」にチェックを入れ「まとめて開く」をクリックします
  1. その出品ページに対して出品することが問題があれば、その商品を選択、「除外」ボタンをクリックします
  2. 残った商品のNEWマークを消します(リストにストックします)

※商品数が多い場合は、STEP8で利益率が基準値以上のものだけ確認を行う方法もあります

STEP
利益率でフィルタをして仕入れを判断
  1. フィルタ「利益率」の下限に「この利益率未満の商品は仕入れない」という数を入れます
  2. 「実行」をクリックすると、利益率が下限値以上の商品だけが表示されます
  1. 表示中の商品を仕入れ候補とします。仕入れ個数は自身が月に販売できる個数の目安である「販売数/FBA数」を参考に決定します
STEP
(後日)「今日の候補」で仕入れ時の商品を見つける

このSTEPは、卸業者からの取扱商品リスト全てに対して、STEP1-8を実行完了後、定期的に実行します

  1. 「今日の候補」ボタンをクリックして、ダイアログを表示します
  2. 今日の候補のステップを1から5まで実行します
  3. 最終的にその時点で「利益」が取れ、「販売数」が見込め、「競合セラー」が少なく、「自在庫」が少ない商品がフィルタ表示されます。
  4. STEP7と同様に商品情報を参照しながら仕入れ判断をしていきます