「LISTIQマネジメント」で仕入商品を管理しよう

フィルタリングの結果を確認していき、仕入れると判断した商品は、別に記録をし管理する必要があります。

ListiqはAmazon物販の仕事全体を半自動化するツールであり、Lisitqリサーチと並ぶアドオンに「Listiq仕入在庫管理」があります。ListiqリサーチからはListiq仕入在庫管理へ、1クリックで商品、個数、価格、購入先などの情報を登録することができます。

Listiq仕入在庫管理は、今回の仕入れ分をJAN/UPCごとにまとめたリストを出力することができ、そのままメーカーや卸業者などへの注文書に貼り付けることが可能です。

Listiq仕入在庫管理では、登録した仕入れ商品のデータを用いて、出品登録、納品プラン作成、在庫数確認、価格改定など仕入れから販売までを繋げて管理することできます。

Listiq仕入在庫管理に商品を登録する

次の手順でLisitqリサーチからListiq仕入在庫管理へ商品を登録します。

  1. Lisitqリサーチのスプレッドシート上で仕入れる商品を選択します(範囲選択、複数選択可)
  2. (仕入在庫管理へコピー)をクリックするとListiq仕入在庫管理に選択した商品が登録されます
  3. 2でドロップダウンメニューの中の「購入個数」を選択(または直接入力)すると、その個数を指定して登録がされます
    (個数を指定しない2の場合は個数は1になります)。
そのままアイコンをクリックすると個数が1で仕入在庫管理に登録される
個数を指定して登録することも可能

Listiq仕入在庫管理を利用していない場合にははグレーアウトし選択不可になります。

前回の購入情報を表示

Listiq仕入在庫管理には同じASINの商品も仕入れごとに記録しますので、その商品を前回、いくらでいくつ買ったのかという情報を呼び出すことができます。この情報を元に今回の購入個数を検討することができます。

  1. Lisitqリサーチのスプレッドシート上で商品を選択します(範囲選択、複数選択可)
  2. のドロップダウンメニューから「前回の購入情報を表示」をクリックします
  3. メッセージエリアに選択した商品ごとに前回の購入情報(購入日、個数、購入価格)が表示されます