LISTIQリサーチの特徴

ここでは、Listiqリサーチの特徴となる機能を説明します。

目次

基本機能

Listiqリサーチは、利益商品のリストに対応するアドオンです。

画像はアドオン(右側のサイドバー)を立ち上げた状態のスプレッドシートです。

Listiqリサーチの最も基本的な機能は、アドオン上部のテキストエリアにASIN/JAN/UPCのリストを入力することで、スプレッドシートにその商品の基本情報(ID、商品名、画像など)と共に、仕入れを判断できる情報を表示することです。

仕入れ判断の情報とは、「需要」「競合」「利益」の3つで、この3つが揃っている商品は「今」仕入れをすべきと判断できます。スプレッドシート上では、具体的には以下の項目として表示します。

需要

過去の月間販売数です。ここでは直近1ヶ月と3ヶ月平均を表示します。

競合

ライバルとなるセラー数です。「FBA出荷である」「カート圏内の価格をつけている」ことを条件にカウントしています。

利益

現在価格(カート価格/最安価格)から、仕入価格(複数の仕入先の登録がある場合は最安のもの)とその他原価に含めるコスト(Amazon手数料、輸入の場合は送料・税金も)を差し引いたものを表示します。

特徴的な機能

Listiqリサーチの役目は、Amazonの商品一覧やメーカー・卸の商品リストから取得した大量のIDを入力として

  • 仕入れ判断の情報を用いて不必要な商品を除外し、「今」または「将来」仕入れる機会のある商品をスプレッドシートにストックする
  • ストックした商品の中から販売・仕入状況の変化に合わせて「今」の仕入れ候補を抽出する

ことです。

Lisitqリサーチでは、この除外と抽出を効率的に行うための2つの特徴的な機能を備えています。

1. 自動除外

ASINなど商品IDのリストが入力されると、Listiqリサーチは以下の商品を自動的に除外します。

  1. 登録済みのASIN
  2. 除外済みのASIN
  3. ランキングが低い
  4. NGキーワード・カテゴリに該当
  5. 販売価格が低い
  6. 販売数が少ない

※3-6はユーザーがON/OFFや閾値などを細かに設定できます。

つまり、最終的にはユーザーが手動で除外を行いますが、事前に明らかに見る必要のない商品を取り除くことができます。

自動除外の設定は、テキストエリア右下の歯車アイコンをクリックして表示されるダイアログから行います。








2. 自動抽出(今日の候補)

ツールの役目の1つ目を「仕入れる機会のある商品をスプレッドシートにストックすること」と書きました。「1. 自動除外」はこのストックを効果的に行う機能です。「2. 自動抽出」は、ストックした商品のデータを一斉に再取得しながら、今日の時点で需要、競合、利益が設定値以上、かつ、在庫が少ない(もしくは無い)商品だけを抽出します。

自動抽出を行うためには、アドオン画面右下の「今日の候補」ボタンをクリックして、ダイアログを表示させます。

以下のステップで候補の絞り込みと、候補のデータの取得を繰り返していきます。

  1. 価格更新
  2. 利益率でフィルタ
  3. 販売数でフィルタ
  4. セラー数でフィルタ
  5. 在庫数でフィルタ

1ステップずつ結果や設定値を確認しながら進めていくこともできますし、「全STEPを一括実行」をクリックすることで一斉実行もできます。

今日の候補ダイアログ (この例ではSTEP2を表示している)

「今日の候補」を定期的に実行することで、需要、競合、利益の変動にあわせて適切な仕入れ時を捉えることができるだけでなく、自在庫が少なくなったタイミングを捉え適切なリピート仕入れが可能になります。

目次
閉じる