返品を処理しよう

顧客からの返品・返金が発生すると、LISTIQレポート上では、「残数」列が「返金」となる行が追加されます。

このページではこの行の見方と、その後の経理処理について説明します。

「返金」行の見方

「返金」行は、全ての金額がマイナスで計上されます。また、「注文ID」は販売時と同じ値が入ります。

以下のように、販売時の売上と経費を打ち消すように返品時の金額が入ります。

返金の「注文ID」でフィルタすると、販売時と返金時の二行が表示される

「販売価格」がマイナスなのは、一度入ってきた売上が戻されることを意味しています。全額返金の場合は、同額のマイナスになり、一部返金の場合は、販売時の販売価格よりも少ない金額がマイナスになります。

「Amazon手数料」は常に、販売時よりも少ない金額が返金時にはマイナスされます。この差額がAmazonから戻されなかった手数料や返金に関わる手数料になります。

この返金時の「販売価格」から「Amazon手数料」を引いたものが、売上から戻される金額になります。

「購入金額」(輸入の場合、「国際送料」「関税・消費税」も)は販売原価=仕入経費ですので、これらがマイナスされるということは、一度計上した経費を元に戻すということになります。つまり、LISTIQレポートでは、返品された商品の状態がどうであれ、経理上、商品は一度販売前の状態に戻して扱います。

経理処理と再出品

その後、返品された商品を経理上処理するかは、商品の状態によって異なります。

販売可の場合

セラーセントラルから返品レポートを確認し、その商品が「販売可」だった場合、そのままFBAの在庫に戻ります(LISTIQマネジメントの在庫数にも反映されます)。

前述の通り、返品時にLISTIQレポートでは経理上、販売前の状態に戻しているので、特に処理は必要がありません

販売不可 → 中古出品の場合

「販売不可」だが、開封しただけなど中古出品可能な場合は、一度商品を手元に戻した後に再出品します。この場合も、仕入経費は販売前の状態に戻しているので、経理上の処理は不要です

なお、中古での再出品の手順は、LISTIQマネジメントの返品された商品の出品方法のページで解説しています。

販売不可 → 廃棄の場合

「販売不可」で商品に不具合があるなどの場合、そのまま商品を廃棄します(場合によっては手元に戻して確認します)。

この場合は販売によって原価を経費計上できないので、別途「商品廃棄損」などの費目で経費にします

この廃棄の経費は、別途解説します「経費」シートに記入することで、営業利益の計算に含めることができます。

補填について

LISTIQレポートでは、補填された金額をただ「販売価格」に計上します。

これは、補填が発生するのは、返品された商品の状態が「破損」となっており、これが補填されるケースが多いためです。つまり、仕入経費は返金時に元に戻っているため、補填では改めて補填の際には仕入原価を戻すことはしていません

そのため、返品ではなく納品受領時にFCでの破損や紛失が起こり、補填が発生した場合には、次のいずれかの処理を行う必要があります。

  1. 返品の廃棄同様に、仕入原価を「商品廃棄損」などの費目で経費にする
  2. 「補填」行の「購入価格」「国際送料」「関税・消費税」の列にLISTIQマネジメントの仕入管理シートでの値を転記する

これを忘れると、本来計上すべき経費から漏れてしまうため、補填が発生した場合は、返品商品の補填なのか、納品受領時の破損・紛失に対する補填なのかを確認するようにしてください