スプレッドシートの列項目をカスタマイズしよう

LISTIQレポートは、1時間おきに売上取得の自動処理が走ります。このタイミングと列の追加・削除が重なるとスプレッドシートの値がおかしくなる可能性があるため、列の追加・削除の前には必ず、自動処理をオフにして、完了後にスプレッドシートの再読み込みを行なった後で自動処理をオンに戻してください。

それぞれをオフにしてから列の追加・削除を行うようにしてください

LISTIQのスプレッドシートは非表示になっている1行目に「列定義」という文字列が含まれており、アドオンはこの列定義を認識することで、スプレッドシートの読み書きを行います。

赤文字は必須の列、それ以外は任意の列です

この仕組みのため、スプレッドシートについて以下のことが可能になります

  • 列の順番を入れ替える
  • 列の追加、削除をする(必須の列でない場合)
  • 列定義を含まない独自の列を加える
  • インストールされたスプレッドシートではなく、独自に用意したスプレッドシートを使う

スプレッドシートの列や列定義を変更した場合には、必ずスプレッドシートを再読み込みしてアドオンを立ち上げなおしてください。

独自の列の追加

列定義を含まない独自の列を追加することもできます。その際に、フィルタ行にARRAYFORMULA関数を入れることで、全ての行に数式を適用することができます。

例えば、画像のようにグラム換算した重量の列を独自に追加する場合です。

独自に列定義を持たない「重量(g)」列を追加した例

この場合、フォーカスが当たっているフィルタ行には次のような数式を入れます(ここではARRAYFORMULA自体の解説は省きます)。

=ARRAYFORMULA(AK4:AK * 1000)

「EXTRA_COST」列はアドオンからは読み取りを行うだけの列なので、独自列と同様にARRAYFORMULA関数を使うことができます。

例えば、販売価格の消費税(10%)と納品代行費用(1個あたり100円)を合わせた額を「EXTRA_COST」列に入れる場合には、次のようなARRAYFORMULA関数を用意します。

 =ARRAYFORMULA(U4:U * 1.1 + 100)

 ※ U列を販売価格とした場合

列定義の一覧

以下にLISTIQレポートで扱う列定義を一覧します。

「必須」の列は、スプレッドシート中に必ず含む必要があります。

必須列定義説明備考
CHECK1NEWマークを表示
QTY_RESTSKUの総在庫数
CHANNEL販売チャネル
ORDERID注文ID
SKUSKU
ASIN_SELL販売ページのASIN
IMAGE商品画像(販売ページへのリンク)
TITLE_SELL販売ページの商品タイトル
LINK_BUY購入先(リンク)
DATE_INBOUND納品プランを作成した日付
DATE_SELL注文日
PRICE_SELL販売価格
PRICE_BUY購入価格
SHIPPING_INTL国際送料輸入のみ
TAX関税・消費税輸入のみ
EXTRA_COSTその他費用原価に含め、利益計算に反映される
AMAZON_FEEAmazon販売手数料
OTHER_FEEAmazon以外の販売手数料
SELF_FEE自己発送の送料
PROFIT利益
PROFIT_RATE利益率
NOTE備考LISTIQマネジメントから転記
THANKSサンクスメールの送信日 / 送信除外フラグLISTIQマネジメントから転記