トラッキングナンバーを登録しよう

海外Amazonから購入した場合は、自動的にトラッキングナンバーを取得して、仕入管理シートに反映させることができます。

トラッキングナンバーが反映されると「ステータス」列は「発送済」になります

トラッキングナンバーを登録する意味は転送時にあります。MyUSなどの転送業者から日本へ転送を行ったときに、トラッキングナンバーが入っている商品は自動的にステータスが「転送済」に変わり、今回どの商品を転送したのか仕入管理シート上で区別できるようになります。

トラッキングナンバーを仕入管理シートに登録する具体的な手順は以下の通りです。

STEP
Amazonからの発送通知メールからトラッキングページを開く

Amazonでは商品の発送時に、トラッキングナンバーを確認するためのリンク(Tracking package)が載ったメールが送られてきます(アメリカ、ヨーロッパ共に)。

このリンクをクリックしてAmazonのページを開きます。

画像はamazon.comのものですが、ヨーロッパAmazonからも同様のリンクを含んだメールが来ます
STEP
自動的にトラッキングナンバーの登録が開始

画面右上にメッセージが表示され、トラッキングナンバーの登録が開始されます。終了すると、仕入在庫シートの「Tracking No.」列にトラッキングナンバーが反映されます。

トラッキングナンバーの登録中
「Tracking No.」列に反映
商品が分割して発送される場合

分割された2個目以降の配送の場合には、トラッキングナンバーの取得後に以下のメッセージが表示されます。

LISTIQマネジメントでは、分割発送の結果、1つの商品に複数のトラッキングナンバーが割り当てられる場合、1行に複数のトラッキングナンバーが登録されます。

もし一方のみの商品が転送され、他方が次回の転送となる場合に、このままだと、まとめてステータスが「転送済」になり、転送されてくる商品の正確な把握ができなくなります

そこで「・・・」のメニュー「行を複製」をクリックして、行を配送にあわせて分割してください。

複製の実行後。同じトラッキングナンバーが入り、購入数は空白
トラッキングナンバーと購入数を手動で分けます
Order History Reportsを使ったトラッキングナンバーの登録

amazon.com限定ですが、「Order History Reports」という注文情報の詳細がまとめられたCSVを読み込むことで、一括してトラッキングナンバーの登録ができます。

ただし、2020年8月に、この「Order History Reports」がビジネスアカウントのみの機能となってしまったため、現状は利用することができません(もし、amazon.comのビジネスアカウントをお持ちの方は、方法をお伝えしますので別途ご連絡ください)。