国際送料・税金の入力をしよう(輸入のみ)

海外からの輸入の場合には、かかる国際送料や関税・消費税を、一般的には商品原価に含め扱います。

LISTIQマネジメントでは、一回の海外からの輸送でかかったこれらの費用を、

  • 国際送料は、重量の割合
  • 関税・消費税は、購入価格の割合

で各商品に割り振ることができます。

具体的な手順を紹介します。

STEP
「送料・税金の入力」ダイアログの表示

輸入モードの場合、「仕入管理」タブに「国際送料・税金を入力」ボタンが表示されますので、これをクリックすると入力用のダイアログが表示されます。

STEP
入力対象の指定

送料・税金を割り振る対象となる商品を選択します。選択方法は以下の3つがあります。

選択商品

仕入管理シート上で(複数・範囲)選択をしている商品

トラックナンバー

「Tracking No.」列の値を指定。海外から直送する場合はこれを選択

FFトラックナンバー

「FF Traking No.」列の値を指定。転送業者(Freight Forwarder)から転送する場合はこれを選択

STEP
金額の入力

国際送料と関税・消費税をそれぞれ、通貨を指定して入力します。関税・消費税は実際は日本円固定ですが、国際送料は円の場合と外貨の場合があります。

例えば、転送業者の場合、PayPalやクレジットカードの請求が荷物が到着するよりも先に日本円で来るので「円」を指定して入力します。

また、海外メーカーから送料も込みで支払いを行う場合は、送料分だけの日本円は不明なので、外貨を指定して入力します。

選択列(重量で按分)

「選択列」は、フォーカスセルの列に対して入力金額を重量割合で按分します(複数の列が選択されている場合は最初に選択したセルの列)。

例えば、現地送料やEXTRA_COST列を選択することで、総額の費用を割り振り、各商品の原価に含めて計算をすることができます。

送料・税金を入力するタイミング

金額が確定後、出来るだけ早く、例えば納品プランに追加前に入力をすることを推奨します。FCで受領後の入力になると、これらの金額がLISTIQレポートに反映されないケースが出てきてしまうためです。

なお、関税・消費税は通関後すぐに確定しますので、クーリエやフォワーダーからの請求を待つのではなく、先に問い合わせることで金額が分かります。