商品のステータスを知ろう

LISTIQマネジメントの特徴の解説では「購入した商品の情報を入れると、あとはそのまま、仕入れ~転送~納品~販売まで商品の動きにあわせてLISTIQマネジメントで情報を取得できます。」と述べました。商品の現在の状態は、スプレッドシートの「ステータス」列に反映されます。

また、同解説では、そのステータスの変化の例をお見せしました。

以下ではさらに詳しく、商品がどのような条件の時にどのようにステータスが変化するのかを説明します。

まず、ステータスの種類を表にまとめました。

ステータス説明条件
未発送購入商品を記録した初期の状態
発送済仕入先から商品が発送された状態「Tracking No.」列に値がある
FF到着 (欧米輸入SP版のみ)Freight Forwarder(FF)に商品が到着した状態「FF到着日」列に値がある
転送済 (欧米輸入SP版のみ)Freight Forwarderから日本に転送開始した状態「FF Tracking No.」列に値がある
納品中納品プランに追加した状態「納品プラン」列に値がある
在庫ありFCで商品が受領され、出品されている状態「在庫数」が1以上
在庫なし出品後に在庫がなくなった状態「在庫数」が0

初期状態は未発送

LISTIQリサーチや海外Amazonのカート画面から購入商品を登録した段階では、ステータスは「未発送」になります。

未発送 → 発送済

「Tracking No.」列に入力があるとステータスは「発送済」になります。「欧米輸入SP版」では海外Amazon購入の商品のトラッキングナンバーは自動で取得しますが、それ以外は手動入力になります。

※ 国内配送のように、到着までの時間が短く、配送が分かれたりしない場合は入力せず、「未発送」→「納品中」に直接移行しても問題ありません

発送済 → FF到着 (欧米輸入SP版のみ)

MyUSなどの転送業者のもとに商品が到着すると、「FF到着日」列に日付が入り、ステータスは「FF到着」になります。この日付は転送業者のサイト上でChrome拡張を実行すると自動的に反映されます。

現在対応している転送業者はMyUSとImport Squareのみです。

必要に応じて対応業者を増やしていきますので管理者までご相談ください。

FF到着 → 転送済 (欧米輸入SP版のみ)

転送業者から商品を日本へ転送開始し、「FF Tracking No.」列に国際輸送のトラッキングナンバーが入ると、ステータスは「転送済」になります。これは転送業者のサイト上でChrome拡張を実行すると自動的に反映されます。

納品中

商品を選択し、「納品プランに追加」ボタンをクリックすると「納品プラン」列に納品番号が入り、ステータスは「納品中」になります。

納品中 → 在庫あり

FCで商品が受領されると、その受領された商品数が自動的に「在庫数」列に反映され、ステータスは「在庫あり」になります。

在庫あり → 在庫なし

FBAの在庫数が変わると自動的に「在庫数」列に反映され、0になるとステータスは「在庫なし」になり、行全体の文字が薄くなります。