LISTIQ導入前の在庫をインポートしよう

LISTIQマネジメントを使って、在庫管理や価格改定を行う場合、LISTIQを導入する前からすでに持っている在庫分も仕入管理シートに追加する必要があります。

セラーセントラルから「出品詳細レポート」をダウンロードすることで、仕入管理シートに現在庫をインポートできます。また、プライスターから仕入価格をインポートできます。

現在庫のインポート

以下の手順でインポートができます。

  1. セラーセントラルの在庫メニューから「出品レポート」をクリックしてください
  1. 画面中ほど「レポートの種類の選択」のドロップダウンメニューから「出品詳細レポート」をクリックし、「レポートをリクエスト」ボタンをクリックしてください
実際は(カスタム)は付いていません
  1. 生成されたレポートをダウンロードしてください
  2. LISTIQマネジメントの「・・・」のドロップダウンメニューから「データのインポート/エクスポート」をクリックしてください
  3. 表示されたパネルの「インポート」タブの中で「出品詳細レポート」を選択し、③でダウンロードしたファイルをドロップしてください
点線の矩形領域にドロップしてください
  1. Amazonに登録済みのSKUをそのまま使いたい場合には「在庫ありのみ」のチェックを外してください(※)。アカウントが複数ある場合には「出品先」を選択してください
  2. 「実行」ボタンをクリックすると、Amazonに出品中および納品中の商品の内、仕入管理シートにない差分のSKUだけがインポートされます
  3. パネルを閉じ、「仕入管理」タブの「納品プランでソート」をクリックすると、今回インポートしたSKUがシートの上部に移動します(インポートした商品の納品プランは「FBA000000000」と最も若い納品番号のため。「納品プランでソート」の詳しい動きはこちらを参照ください)

同一ASIN同一SKUで管理している場合に、過去にAmazonに登録したことのあるSKUがあっても、仕入管理シートにそのSKUが載っていない場合はSKU採番時に参照することができません。全てのSKUを参照できるようにするためには、「在庫ありのみ」のチェックを外し、在庫切れも含め過去に登録したことのあるSKUを全てインポートします(もしくはSKUマスタを利用します)

仕入価格をインポート

出品詳細レポートには当然仕入れに関する情報は入っていないため、インポートした商品の仕入価格は別途入力する必要があります。

これまでプライスターを使っており、赤字ストッパーのために仕入価格を入力している場合は、次の手順でこの価格をインポートすることができます。

  1. プライスターの公式ページの方法にしたがって、「FBAの在庫リスト」をダウンロードしてください
  2. LISTIQマネジメントの「・・・」のドロップダウンメニューから「データのインポート/エクスポート」をクリックしてください
  3. 表示されたパネルの「インポート」タブの中で「プライスター現在庫レポート」を選択し、③でダウンロードしたファイルをドロップしてください
  1. 「実行」ボタンをクリックすると、インポートしたSKUの仕入価格が登録されます

輸入の場合、「国際送料」「関税・消費税」分も「購入価格」列に合算された値が登録されます

LISTIQ導入前に仕入れを行い、かつ、インポート時点でFCへの輸送の商品は、今回の手順では仕入管理シートに登録できません。受領開始後に再度インポートを実施するか、手動で仕入管理シートへ追加を行ってください。