LISTIQマネジメントの特徴

LISTIQマネジメントは仕入管理シート、在庫管理シートに対応するGoogle Spreadsheetのアドオンです。仕入れ~転送~納品~販売までの商品の一連の動きをスプレッドシート上でワンストップに管理することができます。

目次

基本機能

LISTIQマネジメントに含まれる機能の一覧です。

  • 購入情報(購入先・価格・個数など)の自動記録
  • 商品ステータス(発送・到着・納品中・在庫あり/なしなど)の自動反映
  • 商品の一括出品
  • 納品プランへの追加・1枚ずつラベル印刷
  • 在庫数の自動取得
  • 価格改定(利益率に基づく自動ストッパー、値上げの柔軟なルール)
  • 転送業者(MyUSなど)への価格入力支援

LISTIQマネジメントは仕入管理シートと、そのデータを抽出・並び替えした在庫管理シートを使って、これらの機能を実現します。

仕入管理シート。購入から販売に到るまでの情報を一元管理
在庫管理シート。在庫状況の把握、価格管理のため、仕入管理シートを参照元とした別ビュー

このようにLISTIQマネジメントには、商品の仕入れからAmazonで販売を行うまでに必要な機能を全てスプレッドシート上で実行することができます。

特徴的な機能

上記の機能はいずれも統合ツールとして必要不可欠なものですが、LISTIQマネジメントの特徴は、仕入管理シート上で必要なデータが揃うため、機能間の接合部分(手入力やデータの加工)がなく、一連を半自動的に実行できる、ところにあります。

※半自動の定義や概念的な説明はこちらの記事を参照ください。

ここでは半自動化の具体例として次の3つを挙げます。

  1. 商品の動きにあわせた情報取得
  2. ワンクリックで出品、納品プラン追加
  3. ストッパー設定いらずの自動価格改定

1. 商品の動きにあわせた情報取得

購入した商品の情報を入れると、あとはそのまま、仕入れ~転送~納品~販売まで商品の動きにあわせてLISTIQマネジメントで情報を取得できます。

なお、購入商品の記録も、LISTIQリサーチから(欧米輸入SP版の場合、Amazonカート画面から)1クリックで完了します。

購入商品の情報を記録。初期状態は「未発送」
トラッキングナンバーを入力すると「発送済」に(欧米輸入SP版では自動取得)
1クリックで出品登録、納品プラン追加をすると「納品中」に
FCで受領後、自動的に在庫数が反映され「在庫あり」に
商品が売れると在庫数が自動更新され、0になると「在庫なし」に

2. ワンクリックで出品、納品プラン追加

商品を選択してボタンを押すだけで出品、納品プランに追加ができます。

選択中の商品を出品登録
選択中の商品を納品プランに追加

納品プランへの追加は、1商品ずつでも複数商品をまとめてでも実行できます。

ラベルプリンターがあれば、納品プランに追加する時に、その商品のFBAラベルを1枚ずつ印刷することができます。これによって、ラベルシートの順序に商品を並べたり、商品を探し出したりすることなく、手元の商品を次々納品していくことができます。

3. ストッパー設定いらずの自動価格改定

LISTIQマネジメントでは、商品の納品中から、自動的に適切なストッパーをかけた状態で価格改定を開始します。

LISTIQマネジメントのスプレッドシートには、商品の仕入れ原価が入っているため、現在価格での利益率が常に分かります。このため、ユーザーの追加入力なしに、一律、利益率ベースで価格改定のストッパーが自動的に動きます

赤字ストッパーを利益率0%に設定している例
(なお、ストッパーは日付とともに段階的に引き下げ可能です)
目次
閉じる