価格改定の結果を確認しよう

実行結果の確認方法

価格改定は1時間に1度、ステータスが「納品中」「在庫あり」の商品に対して行われ、結果は在庫管理タブの「価格改定」の表から確認することができます。

改定日時をクリックすると価格改定の詳細を確認できます。

この詳細には、商品ごとに「どのような理由で」「いくらからいくらに改定したか」が記載されています。

  • 「==============」の間に改定の理由が記載されます
  • ストッパーが働き、結果ストッパーの価格にあわせた場合には、「改定後の価格」の箇所にその旨が記載されます
  • 価格の横にある()はポイントです

ここで確認できる価格改定の結果は、ルートフォルダに自動的に作成される「価格改定ログ」というスプレッドシートを参照しています。一つの商品の価格改定の履歴を追いたい場合など、このスプレッドシートを直接開いて確認することが有効です。

手動実行、自動のオンオフ

価格改定は1時間に一度実行されますが、価格改定のをクリックすることで、任意のタイミングで実行できます(結果は、すぐに表に表示されます)。

また、価格改定の自動実行はその横のスイッチで切り替えることができます。

商品を選択して価格改定

(価格の算出・登録)をクリックすると、仕入管理シート/在庫管理シートのいずれかで選択中の商品について、同様のルールに従って価格改定を行います。

結果は在庫管理タブの「価格改定」の表に表示されます。

カート価格ではない商品をフィルタ

フィルタ「価格」の各ボタンをクリックすることで、カート価格から外れている商品だけを表示することができます。

カート超過・未満

「カート超過」「未満」ボタンをクリックすると、それぞれカート価格から上下に外れている商品だけを表示することができます。

なお、在庫管理シート上では、カートより高い価格は赤低い価格は青でハイライトされます。

カート不在

「不在」ボタンをクリックすると、カートが不在の商品(「出品者よりお求めいただけます」と表示される商品)だけを表示することができます。

なお、在庫管理シート上では、カート不在の場合、カート価格が0と表示されます。

上限ストップ・下限ストップ

「上限ストップ」「下限ストップ」ボタンをクリックすると、設定した赤字/黒字ストッパーや上限価格、下限価格に価格が一致している商品だけを表示することができます。

ただし、設定シートで「赤字ストッパーを下回る場合は価格をキープ」をオンにしている場合には、赤字ストッパーに引っかかっていても、価格はストッパーと一致しないので、「下限ストップ」フィルタで抽出できません。


これらのフィルタを使ってカート価格から外れている商品の価格を見つけ、次に説明する価格改定モードを変更シート上からの価格の登録を行い、価格設定を見直すことができます。